和歌山遠征記

タチウオ
和歌山産タチウオw

場所:青岸(和歌山)
狙い:タチウオ、青物
時間:5時~8時
潮汐:大潮
===
ご近所さんの家族みんなで和歌山へ泊り旅行へ。
で、念のためということで各自の車に積んだのはもちろん釣り道具(笑)
もうほとんど釣り中毒です。
釣り道具やクーラーボックスを乗せるのに、相乗りではなくそれぞれの車で移動するぐらいw
夕方、子供の子守をママさん達にお願い(押しつけ)して、時間を見つけて地元の釣り具屋『クリモト』へ。

目的地へ移動中に気付いて、行きたいなぁと思っていたところでした。
店内も広くて品揃えも良く、安売りしていたルアーを数個ゲットして翌朝への備えは万全!

1日子供たちと遊んで、翌朝の釣りの前祝いも兼ねて宴会後、ラグビーワールドカップの日本戦勝利を見届けてからご就寝・・・

そして、、、
朝3:30、各自家族を起こさないよう、そっと部屋を抜け出しロビーで集合。
みんな、お酒飲んでも釣りのためならしっかり起きてきますw
そして、まずはコンビニへ。
ありました、、、板氷。
この季節、釣り人以外に需要ってあるんでしょうか・・。

どこの釣り場へ行こうかネットで検索!
大阪、神戸と違ってそこまで人はいないと思っていたけど、どうもいますね・・。
釣り人が。。
一番人気っぽい場所はいっぱいそうなので回避して、青岸へ。

いざ現地に到着すると、たくさんの車が既に駐車されており唖然。。
護岸の長さは結構あるのに、ぎっしり釣り人でいっぱいです。
車を横付けできるので、釣りをするには最高の場所だから仕方ないですよね。
それにタチウオのシーズンだし。
それでも荷物を背負って堤防を進むと奇跡的にちょうどスペースが空いており、みんな並んで釣りを開始!
タイミングって大事ですよね。

夜明け前ということもあり、まずはワインドで勝負すると、すぐにコツコツとアタリが!
あ~、いるいるいる!!
タチウオがいることを信じて、ワインドで連投するとしばらくしてタチウオをゲット!
早い時間に釣れると嬉しいだけでなく、ちょっとした安心感。
和歌山まで来て(本来の目的は別だけど)釣れるタチウオは格別です。

その後パパ友も何人かタチウオを釣りあげ、爆釣かぁ~と思いましが、1匹ずつ釣って以降はアタリがピタリと止み、時合があっという間に終わってしまい、、、
青物狙いに切り替えて地元釣り具の『クリモト』で購入したルアーで勝負もアタリもなく、納竿。
ホテルで朝ご飯食べている家族のもとへと帰りました。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました