タイラバに初挑戦は明石ReTackle

明石
タイラバ

場所:明石沖
狙い:鯛
時間:6時00分~11時30分
潮汐:中潮
===
会社同僚と明石沖でタイラバにいくことに。
初挑戦の釣り方で今年度最終戦を締め括ります。
(昨年5月にサビキでデビューしてから良くこんなにも、、濃厚な1stシーズンでした。)

金曜日に『つり具のBunBun LINKS UMEDA店』でタイラバの80g黄・緑、120赤・オレンジの重さとカラーのタイラバを購入!
ずっしりとした重量感とカラフルな色彩とフォルム、カッコいいっすよね・・。

お世話になった乗合船は明石のReTackleさん。
明石市役所裏ベランダのすぐ近くですね。

仕掛けも買えます

雨も7時くらいから止むような予想に反し、乗船6時には雨が止んでいました。ラッキー。

曇天だが雨は無し!

出船となりましたが、曇天の下、風も5~6mくらいあり、波も少しあったので少々難航な感じ。
15分程度で釣り場に到着し、いよいよタイラバゲームのスタートです。

釣り師匠の先輩にタイラバのやり方と聞くと、
底を取って、しゃくることなく、ゆっくり只巻き上げていき、程よいところでまた底を取ってゆっくり巻き上げるのを繰り返すそうです。
タイラバ仕掛けのネクタイやスカート(ビロビロしているやつ)に喰いついて突っつくことがあるので合わせにいかずにゆっくり巻き上げて、しっかり針に喰いつくのを待つのがポイントとのこと。

船長さんのアナウンスで、底は50m程度!ゆ~くりと巻き上げていきます。
良く分からないのでたぶん20m程くらい上げたところでまた底を取る方法でまずは様子見。


周りの釣り人の状況を見ても、ファーストヒットが中々出ない。。
1時間程度でようやく1名、15~20cmくらいのガシラをゲットされました。
なんでも良いのでまずは釣りたい!
そんなこんなをしているうちに、根掛かり発生!!!
あ~、120g・赤の「タイガーバクバク」があ・・。
お亡くなりになりました。。

開始1時間早々でロストはきつい。残りも80g黄・緑しかない(汗)
気を取り直して、次からは慎重に1度、底を取ったら、ラインの色を見て2投目以降は底前くらいで巻き上げ開始の作戦です。

風で顔、指先、足先が寒い・・・。
あまりにみんなも釣れなさすぎて、眠くなってくる。。

そんな時に同僚がそこそこの40cm程度の真鯛をとうとう釣り上げました!
誰かが釣れると、俄然やる気が出ますよね。
他にも小さいながらも鯛を上げる人が1人、2人と続き・・・。

遂にアタリが来ました!完全に乗ってます!
竿先がピクピク小刻みに震えるのが鯛の特徴だそうで、良い感じで心地よいアタリが続きながら巻き上げるも、サイズとしては小型かなぁと予想していると魚影が見え始め・・

赤くない、、これは、、、青物!?
ツバスか?と思うほど小ぶりのハマチでした。(後の計測で43cm)

青物大好きなんで、鯛じゃなくてもまずは1匹目、ハマチで十分です!

ここから後は、魚群探知機で魚影を見ては試して、5分程度で駄目であれば移動して、、の繰り返しで腰を据えての釣りができず、なんか移動ばかり。
後輩(釣りでは師匠)曰く、魚影の頭から船が突っ込むかたちで入って、仕掛けを落として狙うもすぐに魚影が消えてしまう(行き過ぎる?)ので、また場所を変える、といったことだそうです。

若干、消化不良だったが11時少し回ったくらいで納竿となり帰港。
風と寒さであまり良くないコンディションの中、船上の半分以上はボウズなので、ハマチ上げただけでも上出来でした。
先輩の釣り師匠は最後の釣り場で40cmくらいの鯛をラストで仕留めてました。流石です!

刺身にして食べましたw

コメント

タイトルとURLをコピーしました