明石新波止と大蔵海岸でガシリング・・

大蔵海岸
がシリング

場所:明石新波止 → 大蔵海岸 ラムー側
狙い:メバル、カレイ
時間:1時00分~9時30分
潮汐:中潮
===
大蔵海岸で再び『花見カレイ』を釣りたく、大蔵海岸へ釣行することに決定!
釣り行きた過ぎて開始時間が予定よりだんだん早まって、まずは明石新波止でメバリングをすることにw

明石新波止は3回目くらいだけど、今日の漁港は強烈な磯臭さでした・・
そんな中でもメバリングをスタート。
漁港内は底浅で透明度が高いので、底がはっきり見えるため、魚がいないのも良く分かります・・。
岸側が漁港内の常夜灯の影になっており、小魚がたくさんいるので、足元の影の中を探り釣りで。
早々にパパ友が15cm程度のガシラをゲット。漁港内だと十分いいサイズ!
メバルは実際あまり期待していなかったので、ガシラ狙いに切り替えます。

アタリはちょこちょこあるものの、合わせても乗らず、待っても喰わずでモヤモヤの中、パパ友がタコをゲット!
いるんですねー、こんなところに。。

タコ(94gだったそうです)

結局自分は釣果なく、3時に大蔵海岸へ移動。

今回は前回の龍の湯側の角から川を挟んだ向かいのラムー川角付近で釣りを開始。
夜間はアナゴが掛かるのを期待しつつ天秤仕掛けで沖合へ投入。
が、前回は長潮で潮の流れが緩やかだったのに対して、今回は中潮で上げ潮の時間帯だったため、30~40号のスパイク錘でも流される・・・。
夜なのでラインも良く見えず、ほったらかしは一旦断念することに。

となると、暗い時間、あまりやることはなく、仕方なしに足元の根魚狙いでブラクリでもやって時間つぶし。
しかしながら全くアタリもないまま、夜明けになってきたのでショアジグにスイッチ。

周りの釣り人と同様、ジグを連投しつつ、幸運を待ちます・・!
で、幸運を引き当てたのは我らがパパ友でしたぁ。
43cmのハマチを見事に釣り上げ、周りから羨望の眼差しを一身に浴びてましたw
俄然、自分も周りもやる気モードが再び入ったものの、青物はだれも釣れず。(こんなんばっかり)

さらに不運だったのは、バッカンに立ててた磯竿の竿先をジグをキャストするときに引っかけてしまい、竿先をポッキリ折る自爆・・。
愛着ある初号機『HOLIDAY ISO 5-450PTS』でした・・。悲しすぎる。

パパ友は明るくなったので花見カレイ狙いで天秤を開始するも、自分は磯竿がないので足元狙いのガシリング・・。
アオイソメにガンガン反応するもなかなか乗らず、乗っても10cm以下のミニサイズばかり。(ばかりといっても3匹ですけどね。)
14cmを1匹なんとか釣って、ようやくお土産ができました。
(味噌汁で初めてのガシラを美味しくいただきました♪)

初ガシラを食す!

朝マズメには大蔵海岸も釣り人で一杯で、GW中ということもあり家族釣れも多く、みんなサビキ、足元ズボ釣りで楽しんでました。

早く青物釣りたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました