武庫川一文字でサバの飲ませ&タコ

サバ
小鯖(15cm)

場所:武庫川一文字 9番
狙い:青物、マダコ
時間:5時30分~13時00分
潮汐:大潮
===
コロナの非常事態宣言もようやく終了し、営業再開した武庫川渡船で武庫川一文字へ行くことに。
金曜日、土曜日の釣果では青物、マダコ、コウイカなどが釣れていて非常に楽しみにしていました。
が、4時開場で3時に現地到着すると数えきれないほどの車の列。。
アフターコロナ対応ということで、通常の半分の200人程度で入場規制をしていると事前情報があったので西野渡船へ変更。

3時10分に西野渡船の第二?開門場所に着くと、、、誰もおらず一番乗り・・。
4時開場でそれまでにあと2台列に続いたくらいで、西野渡船が営業中か非常に心配しましたw
(武庫川渡船との差は凄いですね。。)
西野船長曰く、釣果は厳しい状況なので期待するな、との事・・。マジですか。。

5時出船で5時30分には第一投を開始!
5時はすでに明るく、天気も良くて風も穏やか日なので最高ですね。

釣果期待は言葉通り、周りの釣り人含めて全くダメダメです。
アジでも釣ろうとサビキを開始するもアタリも無し。
パパ友の状況はどうかと見て回るも同じ状況。
パパ友があきらめてサビキを回収すると、なんと表層でいきなり小鯖の3連ゲット!!!

表層かぁ~!
ってことで、みんなタナを変えると、みんな見事に小鯖を入手。

飲ませ用小鯖


昨日の武庫川渡船の釣果情報で小鯖の飲ませでブリが釣れているのを知っているので、みんな小鯖の飲ませを開始w
釣れない状況でジグを延々と投げ続ける精神力と体力はないですからね。。
前回へし折ってしまった磯竿はしっかり新調しました。
450cmは少々長くて扱いづらかったので400cmにしました。
50cmの違いですが、ものすごく楽になったので変えて良かったぁ。

良い天気♪

飲ませ仕掛けを放置している間、初のタコ釣りに挑戦。

沖合に飛ばして底を取って、ゆっくり巻き上げる感じでやっているとタコ釣りをやっている釣り人さん二人が足元を探り釣りしながら歩いているのを発見し、なるほど・・、そうやって釣るのね・・と、勉強させていただきました。
タコ疑似餌を2つや4つ付けて上下にアクションを取るんですね。。
武庫川渡船の釣果情報でもマダコ・中層とか書いてあるし、底だけではないようですね。(中層でどうやって釣れるのかイメージできないけど、釣れるんでしょう・・。)

疑似餌1個根掛かりでロストしただけで、残念ながらタコの釣果は上がらず。

サバの飲ませも2匹はロストで1匹は絶命ということで青物がかかることはありませんでした・・。
パパ友はドラグが出るところまでは掛かったみたいですが、残念ながら乗らず。
風が強くなったのと昼を回ったので納竿となりました。
帰り際、周りを見ると釣り人はほとんど残っておらず、武庫川渡船のエリアもタコ狙い(?)の内海側ばかりでした。
今日は大潮3日目とは言え、良くない日だったんですかね。
そういえば、出船の時から釣っている時間ずっと通して、そこらじゅうでボラが飛びまくってました。(ハマチだったいいのに・・。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました