海上釣堀『岬』でファミリーフィッシング

海上釣り堀
大漁

場所:岬
狙い:鯛
時間:7時00分~12時00分
潮汐:小潮(1日目)
===
久しぶりの釣行は子供と一緒にGWの思いで作りとなりました。
これまでサビキ釣りはしたことありますが、「鯛を釣りたい!」と言い出したのでこれ幸いと空いている釣堀を探して初の泉南地域の釣堀『』へ。
釣果情報みてると、ファミリーで真鯛70匹とか釣ってる・・・。半端ないですね。

GW期間中、雨・風と天気の良くない日が多く、この日は数少ない釣り日和。
そんなこともあり、26名定員の一般コースで最後の26番目。
釣座も最後の残りだそうで、残った場所は角地でした。

7時開始前にしっかり棚取りをします。
これまで行った釣堀よりも、だいぶ浅く、お隣の方と話を聞くと6mくらいだそうです。

7時の開始とともに、遅れることなく、定番となった自家製ササミを餌で勝負開始。
※スーパーでササミを買って、1口大に切り分け、あとはタッパーに入れて押江込蔵と生にんにく(おろしチューブ)を5~6時間前に漬け込むだけ。

開始時がその日の釣果結果を大半を占めると言っても過言ではない時間です。
周りで早速鯛が釣れはじめ、、、来ました!
ボウズ逃れの1匹目!しっかり合わせて乗りました。
1匹目なので慎重に自分で釣り上げますw

記念写真を撮って、まずは一安心。
時合いは逃さず、すぐに準備して2投目。

反応が良い!
難なく、ウキが沈み込み、また合わせます!乗りました~!
2匹目は子供に竿を持たせて巻かせます。
が、小学校低学年の女の子には鯛の引きが強く、巻けないw
ここはお父さんが手を添えて一緒に巻いてあげます。楽しいですね。
2匹目もゲットです!
その後、続けて3匹目も釣れ、開始20分で3匹の釣果。良いスタートを切れました。

海上釣り堀デビュー!

8時くらいまでチョロチョロと釣れて6匹まで数を積み上げご近所さんへのお裾分け分もゲット。
子供もそれなりに楽しんでくれて嬉しい限り。

8時を過ぎるとアタリがパッタリとなくなり、トマト、魚肉ソーセージなど、変わり種の餌を投入するも反応なし。
9時過ぎに青物の放流で釣り人みんな臨戦態勢w
残念ながら生き餌の販売はなく、手持ちの武器は半年物の解凍キビナゴのみ・・。
かからないだろうなぁと思いながら、キビナゴで勝負。鯛が反応してくれれば、それはそれで良しです。
さてさて、生き餌を持って来られている釣り人さんが早速「青物」コールで、一斉に残りの人は竿上げ。
無事、カンパチでしょうか。釣り上げられました。お見事です。
その後も青物が立て続けに掛かるも、釣れる場所は自分の場所と丁度対角線の向こう側。
こちらには青物が回って来ないようです。
それでも、鯛をそれなりに釣り上げられているので、角場所は鯛のたまり場のようで結果良かったです。

大盛況

10時くらいに鯛の放流があり、再び鯛モードへ。
30~40匹の放流に対して26人の釣り人。早い者勝ちですね。
熾烈な争いの中、鯛のたまり場を確保しているマイファミリーは3匹追加となりました!

放流鯛を獲りつくした(笑)後は再びアタリもない沈黙タイム。
子供も飽きて来て、帰りたいモードへ・・。
14時終了予定も、アタリが全くないので12時で納竿。
真鯛9匹の釣果で、他魚種ゲットならずも、子供も満足したので十分です。

早めに上がったので料理する時間もしっかりとれて豪勢な夕食となりました!

鯛めし、あら汁、刺身、カルパッチョ


コメント

タイトルとURLをコピーしました