乗合船 恵比寿丸でノマセ釣り

ノマセ釣り
明石 恵比寿丸

場所:明石
狙い:青物
時間:5時30分~12時
潮汐:中潮(3日目)
===
2年前にお世話になった明石 恵比寿丸でノマセ釣りに挑戦。
近年、アジが釣れにくいので事前に電話で状況確認。
「釣れると思うけど、釣れない場合もあるから・・・」と、何とも判断が難しいご回答で、釣れないときの準備をしっかりやっておきます。
①10~13cmサイズのイカを持っていく
②チョクリ仕掛けを持っていく
③ジグを持っていく
④出船前にアジを釣っておく

①10~13cmサイズのイカを持っていく
恵比寿丸に電話で聞くと、頭から足まで付いているのしか駄目で、切身は釣れないとのこと。
スーパーで売っているので良いとは聞いたものの、そんなサイズのイカって都合よく売っている?と思いながらスーパーへ買い出しに。
イオンには売ってなかったですが、2件目探しに行った万代で丁度の大きさのが売っており迷わず2パック購入して冷凍保存で本番に備えました!

鮮魚コーナーの隅っこにありました

②チョクリ仕掛けを持っていく
活きアジもイカもなくなれば、「チョクリ仕掛け」ってやつで、小針にイワシや小鯖を喰わせて、そのままノマセ釣りをやるそうです。
念には念を入れて、2つほど仕掛けを購入して準備、準備・・・。

③ジグを持っていく
それでも駄目なら、ジグやっていいよと、お電話でおききしたので、船用のジグは持っていなかったので180gのジグを1個だけ購入!
折角、乗合船のって仕掛けがなくてボケーっと座っているのは嫌ですからね。。

④出船前にアジを釣っておく
2年前は乗合船に乗る直前に出船する港で事前にアジを釣って乗り込んだこともあり、今回も同じ作戦を敢行。
3時半ころからアジ釣りを開始するも、4人でやってアタリ無し・・。
そして間もなく、恵比寿丸の人が事務所を開けに来られた時に、駐車場なので釣り禁止のお言葉が・・・。
恵比寿丸のノマセ釣りの客ということで、特別に許可をいただき釣りを再開するも、こんなところでは釣れないよ・・・の言葉通り、全然釣れない中、1匹だけアジを奇跡的にパパ友が釣ったので大事にアジバケツに入れて、いざ乗船して出船となりました。

沖から眺める朝焼けの明石大橋は綺麗ですね!

まずは淡路島側に渡ってアジ釣りをスタート。
アミエビをカゴに6割ほど入れて、ギューギューに詰めないと表層で撒かれたアミエビにススメダイが群がってアジが釣れないと指導を受け、言われる通りにアミエビを詰め込み、底を取ってアジを待ちまが、少しの間もなくアタリがあって上げると、既にススメダイ
手返し良く、再投入するも、またまたスズメダイの連掛け・・。
それでも、何度もやっていると念願のアジが1匹、2匹とススメダイに混じって釣れます。
10匹に1匹の割合でアジが釣れるくらいの間隔でススメダイだらけでどうしようもなくなり、明石側に戻って場所替えをしてアジ釣り開始。
ここでもススメダイ、ベラなど外道ばかりの中に、少々アジが混じって釣れる程度。
ノマセにアジは15匹くらい必要らしく、まだバケツの中は10匹もいません。。
すると再度場所替えで、またまた淡路島側に戻ってアジ釣りを再開。何とか10匹程度釣れたところで7時になったので青物釣りのポイントへ移動となりました。
(それにしても、なぜ最初に明石側でアジ釣りをしなかったのは謎・・。)

写真はノマセ中のバケツの中なので、アジもだいぶん減ってます・・

アジは下顎から上顎に針をかけて、口を閉じさせるのがいいそうです。

さてさて、爆釣を期待してノマセ釣りスタートです。
30mくらいの深さの場所で、底を取ったら1mくらい上げて、あとはブリやメジロがアジをバクっと一口で喰われるのを待つだけ。あまりシャクリとかはいらないんでしょうね。
乗合船には11人の釣り人さんでしたが、最初はヒットなく、10分くらいで一旦やめて別のポイントへ移動します。

次のポイントで他の釣り人さんがハマチを釣り上げました。自動巻きのリールだったので常連さんなのでしょうね。お見事です。
ただ、すぐに続く人は現れず、またポイントを移動してトライするの繰り返すなか、2~3回仕掛けを上げ下げするだけでアジが絶命していきます。。
貴重なアジなので、ヤバイと感じ、延命を期待して鼻掛けに変更・・。

ポイントを移動するたびにチョコチョコとハマチ、メジロが釣れるも、我々4人グループでのヒットは無し。。
非常に焦る中、たまにお祭りとなって時間ロスするのがストレスに感じますね。大体同じ人と絡まる。。あまり糸を流さないでよ~。

ようやくパパ友がヒットしてハマチをゲット!まずは釣果が出て何よりです。
ただ、自分の竿は、ちょこ当たりくらいで回収するとアジは消えてなくなるような感じで苦戦が続きます。

時間がどんどん過ぎていく中、別のパパ友がヒット。強烈な引きに悪戦苦闘しながら海面に出てきたのはメジロ級の大物!船長がタモ入れしようとした瞬間、糸にあたってまさかのバラシ・・。

結局、4人グループで一人がハマチ2本という、かなりショッパイ釣果でした。
乗合船全体では、メジロ5本、ハマチ14本で、やはり少な目でした。
でも、釣れる人には何本も上げているので、腕が違うんでしょうね・・。
必ず釣れると思っていただけに、大きな傷心を抱えながらの帰宅となりました。

でも、めげずにまた行こうと思っていますw

コメント

  1. donfan より:

    tsubasuさん、いつも楽しく拝見しております。文章が読みやすくて、しかも面白くて癒されます。なかなか思い通りにはいかないもんですねぇ~。

    私は「オレノスタイル」っていう長文駄文のブログを開設しておりまして、私のブログからリンクを貼らせて頂きたいなと思うのですが宜しいでしょうか?
    http://orenostyle2011.blog.fc2.com/

    • tsubasu tsubasu より:

      コメントありがとうございます!
      たいしたブログではありませんが、「リンク貼り」大歓迎です♪
      donfanさんのブログ拝見しましたが、凄いですね!!!
      楽しく読ませていただきます。

タイトルとURLをコピーしました