船上カワハギ釣りに初挑戦

カワハギ
カワハギ船

場所:和歌山 有田
狙い:カワハギ
時間:7時00分~14時00分
潮汐:大潮(3日目)
===
会社の同僚とカワハギを釣りに和歌山まで釣行に行ってきました。
お世話になったのは『あしのや丸』さんです。
カワハギ専門の船を出しており、5時過ぎに現地到着後、餌のアサリ、氷をもらって、なんやかや待って6時頃いざ出船。

大潮と風の影響か、外海だからなのか、見た目以上に揺れます・・。
7時に釣り場に着いて、いよいよスタートです。
仕掛けは全て持参で、カワハギは光物が好きなのでビーズ玉や反射板付きの3本針仕掛けを準備してきました。
30号の錘で着底させ、底狙いが基本とのことで、言われるままに頑張ってみます。
いろいろ写真も撮りたかったのですが、なんせ立っていると足を踏ん張らないといけないくらい揺れます。ちょっと、船酔い気味で危ないのでスマホは触りません。(笑)
気を散らしながらユラユラ揺れてると、周りでカワハギが釣れ始めましたが、こちらはまだアタリもなし。
後輩が1匹カワハギを釣ってテンションも上がり始め、「底からどれくらい?」と聞くも、「す、、少し上っす。。」と生返事・・。
さては、、、酔ってるなと思った矢先に海へ豪快に撒餌をしてから船内に入って寝込んでしまいました。
船酔いの経験もあるので、寝かしてやるしか対応方法はなく、自分もギリギリの状態だったんで全集中で頑張ります。

海が少し荒れ気味のためか、そもそもカワハギ釣りってそんなものか分かりませんが、アタリに気付かず、たまに仕掛けを上げると、餌のアサリがなくなっていることが何度もあり、ホント、コツがわかりません。それでも周りではチョコチョコ釣れているので、何かやり方が悪いんですね。

それでも頑張った甲斐があったというもので、ようやく明確に分かるアタリがあり、上げると良型のカワハギが釣れました♪

14時まで結構長い時間粘った割には、釣果は2匹・・・。竿頭は同僚の12匹でした。
家に帰って早速カワハギ料理をしましたが、初のカワハギを調理したんですが、簡単に皮が剥げますね、面白いくらい。
あと、刺身、肝も絶品で美味しくいただきました。

目が可愛いw
タイトルとURLをコピーしました